オフィスのパーパーレス化のなかで

1998年の電子帳簿保存法、2001年の電子署名法、2005年のe-文書法は、日本のペーパーレス化を押し進めるとともにオフィス内でのデジタル化を求める動きが活発化されるキッカケにもなりつつあるようです。

とは言いましても、日本のデジタル化に向けての足並みは、諸外国から比較いたしますと実際には大きな遅れをとっていることが現実問題として掲げられているようなのです。

多くの企業では電子契約の運用に関する普及などが取り組まれているようですが、皆さんのオフィス内ではどのようなペーパーレス化が進められているでしょうか。

日々のコピー機の使用頻度を削減したり、FAXを送信する前に電子メールで代用できないかどうか一歩踏みとどまってみたりするなかで、皆さんの働き方にも大きな影響を与えていると言えるようです。