「ごみ」の回収とリサイクル

皆さんが普段から「ごみ」であると判断してゴミ箱に廃棄しているもの、実は皆さんの判断次第では「資源」になったりもするようです。

たとえば生ごみ。生ごみを資源化するには、その扱いは多少面倒な部分はありますが、扱い方によっては十分に野菜や花々などの植物を育てるための肥料となるでしょう。

またオフィスなどでコピー機を使って大量に作成した資料の山をごみ箱に入れるのは簡単ですが、企業やオフィスビルで紙リサイクルを考え直すことで、ごみが資源として活用されるようになると言われております。実際にはリサイクルネックとなっているのは、リサイクルにだされた品々の運搬にかかる人件費や運搬費用にあるようです。

さらにはリサイクルするためのゴミを回収した際の回収場所の確保などに多くの問題点が浮上しているようなのです。