記事」カテゴリーアーカイブ

パソコンの歴史と電卓「CPU」

パソコンの歴史を紐解いていきますと「電卓」の存在と結びついていくようにも見えますが、現代におきまして皆さんが手にされているパソコンと電卓を比較していきますと、その機能や性能の違いは歴然としているのではないでしょうか。パソコンは電卓のように計算をする機能をもっておりますが、その他にもメールの送受信を行ったり、写真や動画、イラストなどを編集したり、WEBページを構築したり、電卓とはことなる多様な特性をもっているのがパソコンであるとも言えそうです。パソコンの歴史を紐解いていきますと、電卓と結びついていきますのは、パソコンの頭脳とも言われているCPUの発明が、もとは電卓の開発から作られたものであったからのようなのです。

デスクトップとプラズマ

パソコンのディスプレイにプラズマディスプレイが普及しなかった理由をみていきましょう。これまでにプラズマテレビは登場してきましたが、パソコン用のディスプレイにプラズマが登場しない理由の1つとして、パソコンのディスプレイには、テレビよりも高い解像度が必要とされているようなのです。これまでに大画面用として開発されてきたプラズマは、パソコンのディスプレイ向きではないということが大きな理由であるとされているようです。またプラズマディスプレイの特徴として、比較的消費電力が高いことなどが知られているようです。パソコンのディスプレイをデスクトップと呼ぶ方もいらっしゃるようですが、デスクトップとは「机の上」をあらわすワードであるようです。

ブラインドタッチの上達と作業効率のアップ

パソコンの作業効率をアップさせるためには、キーボード入力のブラインドタッチが重要であると考えられているようです。キーボードの操作をする際に、手もとを確認せずにタイピングすることで、入力ミスを防ぐことができたり、参考資料など他の媒体からの情報を目で確認することに大きなメリットがあるようなのです。ブラインドタッチを習得するためには、キーボードを打つ指の基本ポジションとして正確な「ホームポジション」を身に付けることが重要とされているようなのです。皆さんはタイピングをするときに、ホームポジションを意識して文字や数字を入力されていらっしゃいますか。タイピングの練習ソフトとしてオンラインサービスなどもあるようですので、うまく活用しながら、パソコン操作の作業効率をアップさせていきましょう。