ブラインドタッチの上達と作業効率のアップ

パソコンの作業効率をアップさせるためには、キーボード入力のブラインドタッチが重要であると考えられているようです。キーボードの操作をする際に、手もとを確認せずにタイピングすることで、入力ミスを防ぐことができたり、参考資料など他の媒体からの情報を目で確認することに大きなメリットがあるようなのです。ブラインドタッチを習得するためには、キーボードを打つ指の基本ポジションとして正確な「ホームポジション」を身に付けることが重要とされているようなのです。皆さんはタイピングをするときに、ホームポジションを意識して文字や数字を入力されていらっしゃいますか。タイピングの練習ソフトとしてオンラインサービスなどもあるようですので、うまく活用しながら、パソコン操作の作業効率をアップさせていきましょう。