パソコン「CPUの世界」

人間の「脳」に例えて説明をされることの多いCPUでありますが、実際には高性能な計算機のようで数字の「1」「0」の組み合わせの信号しか、読み取ることができないと言われているようです。現実的には「1」10」の組み合わせだけで、さまざまなデータ処理を行ってしまうのですから、シンプルにすごい機能のもった「脳」であるのかもしれません。

パソコンはあらゆるデータを数字の「1」「0」に変換してからその内容を理解しているとされております。数字の「1」「0」の組み合わせを超高速で何10億もの計算機のような機能をもって計算しているのですから、気の遠くなるような作業がCPUでは行われているのかもしれません。不思議な世界ではありますが、それがパソコンの正体の一部でもあるようです。